Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)|カシミール伝統のカシミヤ

Traditional Pashmina トラディショナル パシュミナ

Great Artisan(グレートアーティザン)自慢のブランド
まさに手織り(Hand-woven)・手刺繍( Hand Embroidery )の芸術( Hand Embroidery Art) にまで昇華したブランド

無数の文化、習慣、宗教に恵まれたインドは、本当に不思議の国です。

一つの国でありながら、さまざまな言葉が入り混じり、まさに人種のるつぼとなっているインドには、魅力的な様ざまな文化が溢れています。

そのインド文化の魅力の一つが織物と刺繍文化です。

インドの織物と刺繍文化は、インドの歴史と密接につながっています。

インドの織物と刺繍文化は紀元前、古(いにしえ)の昔から、数え切れないほどの侵略と定住を通して、様々な文化の影響を受け、進化していきました。

そして生み出されたインドの織物と刺繍文化は、インド独特のデザインや凄みを身に着け、素晴らしい織物または刺繍となっていったのです。

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)とは

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)
KANI織り
ジャリ,ソズニ
カシミール刺繍

カシミヤ山羊の毛を使用し,カシミールのみならずインドに15世紀から伝わる伝統の技術をふんだんに使って製品化している商品

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)

悠久の歴史を持つインドの凄味を活かし、現代カシミヤと呼ばれている製品が、まだ世界でパシュミナと呼ばれていた頃のカシミヤ/パシュミナを味わえるのが特長のGreatArtisan(グレートアーティザン)自慢のブランドです。

Grand Pashmina(グランドパシュミナ)と同じく、世界で最高峰のカシミール地方のラダックのカシミヤ/パシュミナ山羊の糸とメリノパシュミナと同じ非常に細いメリノウールの糸を使用して手織りで作られた製品であり、それにカシミールのみならず、インドの織物や刺繍技術をふんだんに取り入れて商品化しています。

しかもこれらTraditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)のデザインのファンは日本のみならず世界中におり、カシミヤ/パシュミナの本場ヨーロッパでも何世紀にも渡って恋焦がれられた世界最先端のデザインです!!
とくにKani織りは、現代でも織物の芸術、アートともいえる作品を用意します。

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)には、KANI織りのような時空を超えた素晴らしい織物やカシミヤ/パシュミナに刺繍を施したストールやショールなどが含まれるなど、まさにカシミールやインド伝統の技術が生んだブランドです。

カシミールの伝統の織物や刺繍は、すべてが手仕事でありながら緻密なデザインには、荘厳な存在感が漂っています。
カシミールの伝統の織物や刺繍の華やかなデザインの中にはどこか素朴な温もりを感じます。
カシミールの伝統の織物はたくさんの色の刺繍糸をたっぷりと使っていますから、カシミヤ1枚仕立てのストールですが、ほんのちょっぴり重みも感じます。
それがまた、しっとりとわたしたちの身体を包んでくれて、ほどよい心地よさを感じさせます。

織りも、図柄も、色も、刺繍のタッチも、ほとんどが一期一会。お届けするストールも、それぞれ1点のみの限定がほとんどです。

素材はカシミヤ/パシュミナを中心に、お手頃価格でカシミール刺繍をお届けしたいと思いメリノウール素材もご用意!

この素晴らしいストールやショールをぜひともお洒落通の皆様にお届けしたい!

そんな思いでTraditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)は立ち上げられました。

ぜひカシミール刺繍の醍醐味を味わいください・・・・

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)の刺繍デザイン

  • カニ織り(KANI Weave)

    カニ織り(KANI Weave)

    Kani織りは、カシミールのスリナガルの近くにあるKanihamaの村で作られ織物の事です。
    このカニの織りはインドの中でも最も複雑な織物の一つであり、歴史も古く古代は王族を、中世はヨーロッパの社交界の人々を惹きつけた、素晴らしい織物です。
    カニ織りが完成するまでは、2人の職人が、1日あたり最大10時間作業して平均9か月から1年かかります。またより複雑なショールの完成には最大5年かかることもあるようです。
    更に詳しい情報はカニ織りの作り方カニ織の歴史トについての2つの特集記事をお読みください。

  • ソズニ刺繍 ジャリ(JALI)

    ソズニ刺繍 ジャリ(JALI)

    カシミール刺繍の職人の素晴らしい技術を表しているものが、ソズニ(SOZNI)刺繍というものでニードル刺繍ともいう刺繍の技術ですが、その中のジャリ(JALI)網(NET)という意味がある刺繍です。このジャリ(JAALI)刺繍は、網目のように全体を覆う刺繍の名称です。
    この刺繍は古くはムガール帝国のチカンカリ刺繍の中のジャアリワーク(jaali work)に由来し、ムガール帝国の滅亡とともにインド中に散らばり、カシミール刺繍の一部となって独自発展をした刺繍技術です。

  • ソズニ刺繍 ボーダー(Border)

    ソズニ刺繍 ボーダー(Border)

    カシミール刺繍の職人の素晴らしい技術を表しているものが、ソズニ(SOZNI)刺繍というものでニードル刺繍ともいう刺繍の技術ですが、その中のボーダー(border)刺繍と言われる刺繍技術です。ボーダー(Border)は、四方を囲む縁どりと、両端のポイント刺繍のみのシンプルなデザインです。
    このボーダー刺繍は大まかに3つに分かれる別名があり、ボーダー部分が少ない刺繍をHashidar(ハシダール)、中くらいの刺繍をMeemdoor(ミームドア)、大きい刺繍をDaoudar(ダウダル)といいます。

  • アーリ刺繍

    アーリ刺繍

    ソズニ(SOZNI)刺繍が非常に時間がかかることから生まれたのが、アーリ刺繍(Aari Embroidery)と言われる刺繍です。その名は刺繍に使う器具に由来しています。
    アーリ刺繍はソズニ刺繍に比べて太い針を使いますので仕上がりも大きく、その刺繍はダイナミックな魅力があります。
    ソズニ刺繍から発生したこのアーリ刺繍は、今やカシミール刺繍の中心ともなっています。

  • ソズニ刺繍 ジャマワール

    ソズニ刺繍 ジャマワール

    カシミール刺繍の芸術、究極のソズニ刺繍ともいえるのが、このジャマワール(Jamawar)刺繍です。
    これはショールやストール全体に刺繍が施されている作品をジャマワールと言います。まさにこのジャマワール刺繍は時代を超えて、数多くの人々に支持されてきました。
    カニ(KANI)織りのように古代は王族を、中世ではかのナポレオンの妻、ジョセフィーヌを含めヨーロッパの社交界を魅了し、その中で施されていたデザインがイギリスで模倣され、ペイズリーとなったことは有名です。

  • ティラ刺繍(Tilla Embroidery)

    ティラ刺繍(Tilla Embroidery)

    ティラ刺繍は基本的に金または銀色の糸刺繍です。歴史的に、ティラ刺繍は王族の趣味であり、エリートの間ですべての重要な行事の際にために使われました。
    このティラ刺繍は服やショールやサリーなど様々なものに施されています。
    このように金属糸を使用する刺繍にはZARI(ザリ)、Zardozi(ザルドジ), Kataoki Bel,Mukaish,Marori Work,Gota Work,Kinari Workなどがあります。

GreatArtisan(グレートアーティザン)のカシミヤ/パシュミナという奇跡

Rapid flow 時代の急流

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)は、熟練した技術を持つ職人が一枚一枚心を込めて手で織ったり、その後手で刺繍を施した製品ブランドです。

その手織りや手刺繍の技術は子々孫々に渡って受け継がれていったものですが、熟練の職人になるには長い時間がかかり、これはまさに職人の世代を通して進められてきた技術というよりは芸術といえます。

このカシミール独自の文化は、古くは15世紀に生まれ時代を超えてさまざまな人に愛されてきました。

古代では王族に愛され庇護され、そして中世ではヨーロッパの社交界を魅了し続けました。

そして現代でもなおヨーロッパを中心とし、その文化の流れを受け継ぐ北米やオーストラリア、ニュージーランドなどで人々を魅了し続けています。

まさにその点でTraditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)は、多くのファッションアイテムが時代や流行という急流に飲み込まれているなか、静かにその流れの中に佇んでいる大岩のようです。

その大岩の周りには静寂が訪れています。まるで時代の流れが止まってしまったかのようです。
カシミールのカシミヤ/パシュミナの手織りのプロセスに関しては手織り(Hand-Woven) カシミヤ/パシュミナをご覧ください。

このTraditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)のデザインはどの時代にもマッチし、古臭くなく飽きがこないデザインです。

現代でもなお、どんなファッションにも対応しながら、とくにシンプルファッションと合わせたときに本領を発揮します。

そして持ち主に温かさと保有する満足感をあたえる優れた品質。

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)を纏った姿には気品や風格さえも感じます。

まさにカシミヤ/パシュミナの歴史が生んだ奇跡ともいえる製品です。

古代より多くの人間に必要とされ、そして愛され、繊維の宝石とまでいわれた カシミヤ/パシュミナ。

その原点ともいえるTraditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)は、持つ者だけが分かる至福の満足感をあなたに与えます。

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)の情報

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)の鑑定書

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)鑑定書

(財)ケケン試験認証センターは昭和23年に設立され、あらゆる素材の繊維原料、糸、織物、製品について幅広く試験鑑定を行い、その結果に基づいて証明書を発行しています。

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)の刺繍は、Grand Pashmina(グランド パシュミナ)の上に刺繍を施しています。
※KANI織りはガーゼ織り(pashm パシュン)と同じ織り方

Great Artisan(グレートアーティザン)でも獣毛検査はロットごとに、鑑定書は検査結果がこれまでと変化した場合取得しております。

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)は、カシミヤ100%|平均繊度 15.4μmとの鑑定結果が出ております。

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)のイメージ画像

アーリー刺繍
アーリー刺繍
アーリー刺繍
アーリー刺繍
ソズニ刺繍
ソズニ刺繍
ジャマワール
ソズニ刺繍
ソズニ刺繍
ジャリ

Traditional Pashmina(トラディショナル パシュミナ)の商品一覧

GreatArtisanのコンセプト