最新情報

シルバーの黒ずみをきれいにするには?|アクセサリーのお手入れ

シルバーの黒ずみをきれいにするには?|アクセサリーのお手入れ
kanako店長

お客さまからのご質問で多い、シルバーのネックレスの黒ずみはどうしたらとれますか?というテーマについて取り上げます!

どうしたらいい?!シルバーの黒ずみ

しばらく使っていなかった指輪を取り出したらなんだか黒くなっている!という経験はありませんか?
わたしはシルバーのネックレスを何本か持っていますが、気が付くと黒っぽくなっていて急いでいる時に困ってしまうことが時々あります。

このように、買った時にはきれいな輝きがあるシルバーですが、いつの間にか黒ずんできてしまうものです。
気に入って着けていたシルバーのアクセサリーが変色してしまうのは悲しいですよね。

中にはシルバーは黒ずんでしまうので買うのを躊躇している方も多いようです。
でも、ちょっとしたお手入れで黒ずんだシルバーは綺麗にすることができるんです。

是非、この記事を読んでお手持ちのシルバーをピカピカにしてみてくださいね。
ではまず、シルバーが黒くなってしまうのはどうしてなのかを調べて見ましょう。

シルバーが黒くなるのはなぜ?

金属が変色するとサビだと思う方が多いのですが、実はシルバーは通常酸化(サビ)しません。

ではシルバーが黒くなるのはどうしてなのでしょうか?
原因は主に、硫化塩化の二つです。

原因その①:硫化

温泉

硫化とは硫化水素などの硫黄化合物と反応して起きる化学変化です。

硫黄と聞くとピンとくるのが、温泉です。
でも、温泉なんか行かなくたってシルバーは黒ずんできます。
その理由は、大気中にわずかな二酸化硫黄が含まれているからです。普通に生活していても、シルバーは空気に触れて硫化して少しづつ黒ずんでしまうのです。

しかし銭湯でも、温泉をくみ上げているところがあるので要注意です。
また家庭のお風呂で使用する温泉の素にも硫黄が含まれている場合があるので、シルバーのアクセサリーは外して入るようにしましょう。

原因その②:塩化

プール 塩素

シルバーが塩素と触れると表面に塩化銀( AgCl)が生成されます。
塩化銀は黒くありませんが、空気と触れると黒く変色する性質があります。

アクセサリーが塩素と触れるシチュエーションには、プールやスポーツジムのお風呂などがあります。

プールなどの塩素は薄いので、一回指輪を付けて入ったくらいで黒くなるということはありませんが、それでもプールに入って日に当たる、というのが繰り返されると塩化して黒くなってしまいます。

プールや、スポーツジムのお風呂に入る時にはアクセサリー類を外して入るのが一番ですが、もし指輪が外れない!とか、外すのを忘れて入ってしまったという場合には、プールから上がった後に塩素の入っていない純水ですすいで、その後乾いた布で拭いておきましょう。

シルバーの黒ずみはきれいになる!!

黒ずんだシルバーのアクセアリーは無残な姿で、もう手放すしかないかな、と思ってしまうかもしれませんが、黒くなっているのは表面の数ミクロンだけなので、その部分を落とせばまたきれいなシルバーが復活します。

シルバーの黒ずみを落とす方法は二つ、化学反応を利用する方法と、磨いて黒い部分を落とす方法です。

方法その①:磨いて黒ずみを落とす

磨いて黒ずみを落とすときには、シルバー磨き用の布がオススメです。

シルバー磨き用の布には微粒子の研磨剤が含まれていて、銀の表面の黒ずみと一緒に細かなキズも落とせます。
磨くと布が直ぐに黒くなるので、きれいになった!という感動がありますが、わずかとはいえ表面を削ってきれいにしているので、うれしくてこすりには注意しましょう。

また、石が付いているアクセサリーは、シルバーと一緒に石の部分をこすってしまうとキズがついて曇ってしまいますので、気をつけて磨きます。
石の付いた繊細なシルバーのアクセサリーは、ジュエリーショップに依頼することをお勧めします。

方法その②:化学反応で黒ずみをとる

シルバークリーナー
シルバークリーナー
トップウェル

化学反応というと難しく聞こえますが、シルバーとくっついた硫黄の成分を溶かすという方法です。
硫化銀 + アルミニウム  → 銀 + リュウカアルミニウム

研磨しないで綺麗になるので、シンプルなネックレスや石がついていない指輪は、シルバークリーナーがオススメです。
シルバークリーナーはたんぱく質(硫黄)を分解する酵素や、イオンを利用した界面活性剤が入っていて、クリーナーの中にアクセサリーをポンと入れて10秒ほどで取り出す、という簡単な方法です。

クリーナー液に浸けるだけで驚くほど綺麗になるので、長く浸けておきたくなりなりますが、浸け過ぎはシルバーの変色の原因になるので、必ず製品ごとに指定された時間を守って使用してください。

クリーナーを買わなくても、家にあるアルミニウムと重曹を使って黒ずみをとることができます。
コップやボウルなど(熱湯を入れます)にアルミニウムと重曹を入れて熱湯を注ぎ、そこに黒ずんだ銀を入れるだけです。
(アルミホイルがなければ一円玉でも良い)
これはアルミニウムと硫化銀が存在す場合、銀にくっついていた硫黄がアルミニウムの方に移動して硫化アルミニウムとなり、銀が元通りになるという原理です。
化学の時間ががよみがえります。

この化学反応では硫化した黒ずみは取り除くことができますが、プールなどで塩化した黒ずみは取れません。
塩化による黒ずみが考えられる場合には、磨いて黒ずみを落とす方法で綺麗にしてください。

汗をかいた後のシルバーのお手入れ

ここまでで、黒ずんだシルバーのお手入れについて見てきましたが、日ごろのお手入れについても確認しておきましょう。

通常は、使った後にシルバーを柔らかい布で拭いて仕舞います。
ネックレスなどは見えるところに掛けておくと、支度の時に便利なのですが、空気に触れているとそれだけ硫化する速度も早くなります。
それで、頻繁に使用しないシルバーのアクセサリーは、小さいジップロックなどに入れて空気に触れる時間を少なくすると黒ずみを遅くすることができます。

当店でも、仕入れてきた銀のアクセサリーを綺麗に保管するために、とても小さなジップロックをたくさん用意してあります。

では、シルバーのネックレスなどが汗で汚れたらどうしたらいいでしょうか。
その場合は、シルバーを軽く水洗いして大丈夫です。
金属は錆びてしまうような気がしますが、銀は錆びませんので水洗いしてさっぱりしましょう。
洗ったあとは乾いたやらかい布で水気をとって乾かしてください。

そして、自然な黒ずみが出てきたらこのページでご紹介した方法でお手入れします。

サージカルネックレス金属アレルギーでも安心!

サージカルネックレス

シルバーのアクセサリーは魅力的なアクセサリーですが、中には金属アレルギーを気にされている方もいます。
特に汗をかく季節は汗と反応して金属イオンが溶けだしやすく、金属アレルギーの症状が出やすいと言われています。
詳しくは知って得する サージカルネックレスと金属アレルギーの関係をご覧ください。

そんな方におすすめなのが、サージカルステンレスを使用したサージカルネックレスです。
当店では金属アレルギーの方も安心して身に付けられるサージカルネックレスを扱っています。

ステンレスという素材は人間の肌ととても相性が良い素材で、金属アレルギーが発症しづらいため医療の現場ではハサミやメスなどの素材として使われています。

また耐食、耐酸性に優れているためシルバーのように変色しません。
そのため、汗をかく季節でもそれほど神経質にならずに使用できます。

木の葉では、サージカルネックレスのデザインとして「小豆(あずき)」と「喜平(きへい)」を用意しています。

もちろんサージカルステンレスもクロム、ニッケル、鉄などの合金ですから、100%金属アレルギーが安心というわけではありません。
もし少しでも違和感を感じたらすぐに使用を中止して、皮膚科などに相談しましょう。

まとめ-シルバーの黒ずみをとるには?

時間がたつにつれて黒ずんでしまったシルバーも、適切なお手入れでまた輝くシルバーによみがえらせることができます。
保管の際に密封できる容器に保管したり、汗は水洗いして乾かしてからしまうことを心がけるだけでもシルバーの黒ずみを遅くすることができます。

そして黒ずみを取り除く際には、シルバークリーナーやシルバー磨きなどの適切な道具を使って丁寧にきれいにしましょう。

是非大切なシルバーのアクセサリーがいつまでも輝くように、この記事を参考にしてお手入れしてみてください。
当店では、金属アレルギーになりにくいサージカルネックレスや、シルバーのペンダントトップなどを数多く扱っています。

この記事をシェアする

Facebookでシェア! Twitterでシェア! HATENAブックマーク メールで送る

年別アーカイブ

2018年の記事