最新情報

パシュミナの偽物にご用心! 海外や日本でのご購入には細心のご注意を!!

パシュミナの偽物にご用心! 海外や日本でのご購入には細心のご注意を!!

海外で売っているパシュミナの購入は細心のご注意を!!

パシュミナ・・・言葉の響きがとても良いですよね。
わたしはこの「パシュミナ」という言葉を聞いたとたん好きになりました。
そしてカシミールに実際に行って、本物のパシュミナを見て、手で触って、その作り方、歴史を知ってなお更、もっとパシュミナが好きになりました。

わたしのビジネスパートナーは、パシュミナのことになると熱く語ります。
カシミールのパシュミナがいかに素晴らしいか。
そしてカシミールのArtisans(職人たち)の仕事がいかに素晴らしい仕事をしているか語ります。
わたしはそれを聞いて『あぁ~この人は本当にパシュミナを愛しているんだなぁ』
『この人が作った商品なら安心だ・・・』そう思って5年前取引を始めました。
そして今それが間違いではなかったと確信しています。

しかしこのパシュミナを、同じカシミールの人とはいえ同じ思いでいる人ばかりではありません。

誤解がないように書きますが、多くのカシミール人は非常に友好的で真面目な人たちです。
もてなしの精神があり、思いやりもあり、カシミールの人たちの気質は日本人に似ています。
それはわたしたちの日本のように四季があるからかもしれません・・・

カシミール産のパシュミナでも注意すべき?!

困った

やはり相性もあるのでしょうか・・・・

そんな大好きなカシミールの人たちですが、カシミールの人たちの中にはほんの一部ですがおかしな人がいると聞きました。

わたしの感覚だと、カシミヤ100%の製品であり、その商品がカシミール産であることが証明されれば、品質は別にして、そのパシュミナはある程度信頼できるなぁという感覚を持っていました。

しかしスリナガルで聞いたのは、そのカシミール産のパシュミナの中に偽物がかなりあるということなんです。
つまりカシミヤ100%でカシミール産、と言っても信用してはいけないということです。

ですから、例えばインドやネパール、シンガポール、ドバイ、トルコなどでパシュミナを購入しようと思ったら、私たちが細心の注意を払わなければならないことが数多くあるということを知りました。

カシミールで作られたショール、ストールと言っても・・・
施された刺繍が明らかに手刺繍と言っても、
カシミール産で非常に柔らかい生地だと言っても本物のパシュミナだと信じてはいけないのです。

特にインドやネパール、シンガポール、ドバイ、トルコなどでは、特に刺繍パシュミナの偽物に注意しなければならないのです。

今回はその理由について特集します。

fake

どんな偽物のパシュミナがあるの?

2019年の今年は久しぶりに4日間もビジネスパートナーの家に滞在したので、久しぶりにフェイス to フェイスでゆっくり話しました。
いつもはメールかメッセージアプリなので用件だけのやり取りが多くなります。
そのためか、わたしも初めて聞く話が多かったのですが、わたしのビジネスパートナーは、以前よりさらに多くの世界を駆け巡っています。

ヨーロッパ・オーストラリア・ニュージーランド、香港、シンガポール、ドバイ、トルコなどなど・・・勿論インド国内もです。

そしてそれらの国々の中でいろいろなパシュミナを見たそうです。
勿論、それらの国々のメーカーにカシミール産のパシュミナを卸しているからです。
市場調査ですな!

そしてそれら国々の中に、特にインドやネパール、シンガポール、トルコ、ドバイなどでカシミール産の偽物のパシュミナを数多く見たそうです。
それはカシミール産の本物のパシュミナとして売られており、非常に高い価格で売られていたそうです。

しかもたちが悪いことに、そのパシュミナには刺繍が施されています。
それも手刺繍です。その手刺繍はスリナガルの職人によって施された手刺繍です。
ですからその手刺繍の品質(グレード)は別にしても、刺繍は本物です。

しかし問題はその刺繍が施された生地なんです。
その生地はとても柔らかく、触り心地が非常に良い生地です。
カシミヤに触り慣れていない人は、間違いなくカシミヤだと思います。
なぜなら、日本で売られているカシミヤより柔らかいからです。

かくいう私も最初この生地をカシミヤだと思い、日本の公共機関に品質鑑定にだして、その結果に『騙したなぁ~』とビジネスパートナーに抗議したことがあります。(恥)
※パシュミナに関する知識がなかった一番最初です。

ではその生地とは何でしょうか。

非常に軽く柔らかい、カシミヤに似た生地は何でしょうか?

MERINO WOOL

実はその生地はメリノウール100%なんです。

それもそのメリノウールの糸はオーストラリアの糸を使って織り、その中でも特に繊度(直径)が細い糸を使って編まれています。

Great Artisan(グレート アーティザン)もその非常に細いメリノウールの糸を使った商品を「Merino Pashmina」として販売していますが、その糸の繊度はなんと16μm!
当店のメリノウールには15%シルクを混ぜておりますが、偽物はメリノウール100%です。
※日本の検査機関で検査していますので、リンク先をご覧ください。

この糸の細さはカシミヤの中でも高級な糸を使ったパシュミナ並みです。
たとえて言うならば、ネパールの本物の高級パシュミナ並みの糸の細さです。
 ※ネパールの高級カシミヤの糸は16μm前後です。
このように高級カシミヤ並みの細さのメリノウールの糸を使っているので、それでできた繊維はとても柔らかく首に巻いても暖かいのです。

これはプロでも騙されます。
ですから本物のカシミヤを触りなれていない人は、メリノウールだなんて絶対に分かりません。
その証拠にこのGreat Artisan(グレート アーティザン)のメリノウールのストールを触ったアパレルのバイヤーは、最初カシミヤだと間違えていました。

そして結局お店の人に本物のパシュミナだと言われ、何十万もする偽物のパシュミナを購入してしまうのです。
しかし同じパシュミナ(手刺繍を入れた)を当店から購入すると、4-5万円くらいで購入することができるのです。

残念なことに、同様の商品をインスタグラムで販売しているカシミール人もいますし、またインドのデリーなど観光客が多くくる場所、ネパールではカトマンズのお店、そしてシンガポール、トルコ、ドバイなど様々な観光客相手のお店で本物のパシュミナとして売られているのです。

怖いですね・・・・

そのカシミール産のパシュミナは日本でも売っているの?

実はこの話。
スリナガルの複数の場所で同じ話を聞きました。
やはりスリナガルの中でも有名なんですね。

それを踏まえ日本に帰ってきてWEBサイトを検索しました。
『カシミール パシュミナ』・・・・・
出てくる、出てくる、一目見てメリノウールと分かるものが・・・・
パシュミナと書いてあり、中の紹介文には明らかに『カシミヤ』と書かれてはいますが、これはメリノウールです。
どうみてもメリノウールにしか見えない商品が『カシミール産のパシュミナ』と書かれて売っていました。
流石に〇十万という値付けではありませんし、刺繍は施されていませんでしたが。。。。
カシミヤなんて嘘ですよね。

えっつ?!
なぜ分かるか?!
だってそのデザイン、カシミールのメリノウールの機械工場で見ているし、カシミヤはそんなに見た目膨らまないし、カシミールのパシュミナ(カシミヤ)が、そんな安い価格で売っている訳ありません。

ご興味のある方は、日本の素材表記に『パシュミナ』はありませんので、本当の素材表記を聞いてみてください。
また日本の素材の品質検査機関(ケケン試験認証センターなど)で品質調査をしたのかも聞くことができます。
※当社がケケン試験認証センターで品質検査をしております。

この日本でも分かりました。
この日本でも偽物のパシュミナにご注意を!でした。

海外や日本で売っているパシュミナの購入は細心のご注意を!!

いかがだったでしょうか。
こう考えると、海外でパシュミナを買うのが怖くなりますよね。
日本に帰ってから追記しましたが、日本でもカシミヤ産の偽物がカシミヤと偽って売っていました。

本当に海外のみならず、この日本にも本物のカシミヤと偽った偽物のパシュミナが数多く蔓延っています。

しかし予防することはできます。
もしよろしかったら、パシュミナの購入の前に、Great Artisan(グレート アーティザン)のコンテンツをお読みください。

とくに代表的なものだと以下のコンテンツが参考になると思います。
必見! 優れた品質のカシミール刺繍の3つの見分け方| パシュミナ
プロが教える! 本物のカシミヤ/パシュミナの7つの選び方
失敗しない! 本物の100% カシミヤ/パシュミナ製品 16の見分け方


またもっと具体的に知りたい方は、ぜひ私どもGreat Artisan(グレート アーティザン)にご連絡をください。
わたしたちのビジネスパートナーが卸している安心できるお店を紹介できるかもしれませんし、見分け方の具体的なアドバイスができるかもしれません。

私とビジネスパートナーの願いは、この日本の皆様にカシミールのパシュミナの素晴らしさが知れ渡ることなんです。
そして日本の皆さんがカシミールのパシュミナ(カシミヤ)を大好きになって貰いたいと思っています。
この気持ちに偽りはありませんので、ご遠慮なくご質問くださいね。

勿論日本人がシャイなことは知っています。
当店のコンテンツを読んでも本物のパシュミナを見分けることができますので参考にしてください。

以下に素晴らしいカシミール産の手織りパシュミナをご紹介いたします。

この記事をシェアする

Facebookでシェア! Twitterでシェア! HATENAブックマーク メールで送る

年別アーカイブ

2018年の記事